NESTのコンセプト

「NEST」-「巣・居心地のいい場所」

NESTとは「巣・居心地のいい場所」という意味を持ちます。
倶知安町の駅前通り。NESTのスペースではSPROUTのドリンクを飲むことができ、近隣のテイクアウトフードを食べることができます。
また、写真や絵、ものづくりの作品、メーカーの新作商品、地域の紹介、農産物などを展示、展示内容によっては即売ができる、利用者によって作り出されるスペースです。
地元の方も観光客の方も問わず、観たり買ったり、飲んだり食べたり、たくさんの人がそれぞれの楽しい時間を過ごせることが目的です。
NESTはそれぞれのスペシャリストの文化、または地域の文化の受け皿となる「巣」であり、人と人、人と文化とが広がる、利用者のための場所を作っていきます。
利用者にとって、地域の文化にとって、「巣立つ場所」、「帰ってくる場所」づくりをしていきます。

「触発する空間」

ひとつのテーマではなく、様々なテーマの出展をひとつの空間で行うことで、この地域独特の多様な文化が共有、触発されて、人と人、作品と人、その効果は無限大に広がると考えています。
それは興味の範囲を広げるだけでなく、新しいビジネスが生まれたり、新しいアイデアが思いつく、同じ関心を持った人と出会うなどの効果や、空間の中で人々が触発され、地域のことを考えたり、活性化につながるという効果も生じると考えています。