カッピングはいつでもどこでも気軽にできます

用意するものは
カップ・スプーン・コーヒー

気軽にみんなで感想を伝え合ってセッションしましょう。
離れたところにいても、やり方が統一されているので同じ体験をすることができます。

まずは香り-Fragrance・aroma-を感じます

  1. DRY:コーヒー豆を中細挽きで10g
    手でフタをして少し粉を揺り動かすと香りを嗅ぎやすくなります
  2. CRUST:熱湯を181cc。3分or4分
    お湯を注いで少し経って鼻を近づけて香りを嗅ぎます。
  3. BREAK:スプーンで底までしっかり3回or4回
    粉の層を壊してその時の立ち上がる香りを嗅ぎます。
  • 香りは2種類
    Fragrance→鼻から嗅ぐ香り、鼻から直接感じる香り
    Aroma→液体から感じる揮発性の香り
    Flavor→口から吸って鼻から抜ける香り
  • 香りのリセットは自分の匂い
    何種類もの香りを嗅ぐと混乱してしまいます。
    そんな時は自分の服などの匂いを嗅いでリセットします。

さぁ、スプーンで啜ります
熱い時
1. Flavor
Flavor Wheelなどを参考に、様々な例えで表現してみましょう。
2. After Taste
口を閉じてどんな余韻が残りますか?次のカップとの間隔を空けましょう。

ちょっと冷めた時
3. Acidity
感じる酸味はどんな差類ですか?
しなやか・キレのある・柔らかい・爽やか…
4. Mouth Feel
コーヒーを口の中でホールドしてみましょう。
コク・クリーム・シルキー・ベルベット・ザラつく…

冷めた時
5. Clean Cup
できるだけ早く吐き出して残る透明感の印象を感じます。
6. Sweetness
しばらく口を閉じてみましょう。
熟した甘さ・はちみつ・バニラ・シュガー・キャラメル…

7. Balance
全体のバランスを振り返ってみます。
調和のとれた・立体感・偏っている…
8. Overall
全体の感想は?
好き嫌いもここで。

  • 強くすするのは鼻腔に風味を届かせるため。
    より繊細な風味を感じることができます。
  • 「どんな特徴を感じるか」を明確にしてすする。
    ただ漠然とすすってもぼやけた印象になってしまいます。
    温度帯で分けるとわかりやすいです。
  • 液体をスプーンですくうのは奥から手前に液体がどのくらいスプーンに乗っているかがわかりやすい、液体の量が一定になります。

楽しいセッションにはマナーやエチケットも大切です

  • スプーンは毎回水で洗いましょう
  • 吐き出しカップにスプーンは入れないようにしましょう。
  • 一旦すくった液体を戻さないようにしましょう。

最後に…
難しい顔をしてはいけません。

もう一度、コーヒーと山(自然)は同じです

正解はありません。
人それぞれに感じ方も違うし、好みも違います。
山(自然の中)で遊ぶように自分の好きな遊び方でコーヒーを楽しみましょう。